洗いすぎが肌を乾燥させる!?を詳しく説明しています。

洗いすぎが肌を乾燥させるって本当?

乾燥する季節、そしてエアコン、それらが私達の肌を乾燥させているとおもっていませんか?

それは実は間違っているのです。

肌の乾燥の原因は、残念ながら加齢が一番の原因なのですが、それ以外に、洗顔のし過ぎが原因として考えられているのです。

肌の乾燥ってそもそもどういうこと?

肌が乾燥するということは、肌の角質層の水分が少なくなることです。健康は肌の角質層は約20%の水分を含んでいます。それ以下になることが、肌が乾燥している状態、乾燥肌ということになります。

では、いったいどうして肌は乾燥するのでしょうか?

乾燥肌の原因

それは、肌のセラミドが大きく関係しています。

セラミドって一度は聞いたことがあると思います。セラミドとは、私達の肌の角質層にある細胞間脂質とよばれる、脂肪で、水分を抱え込む性質をもっています。

そのセラミドは、加齢によって減少しますが、洗顔のし過ぎによってもセラミドが失われるのです。

ゴシゴシと強くこすったり、日に何度も洗顔したりすると皮膚の角質層を痛めることになり、そこからセラミドが洗い流されてしまうのです。

また、洗浄成分の強い界面活性剤なども油分であるセラミドを洗い流してしまう原因にもなりますので、強い洗浄成分のクレンジングなどを使うこともセラミドを減少させてしまう原因にもなります。

空気が乾燥しているから肌も乾燥するのでは?

空気が乾燥するから肌が乾燥するのでは?とおもわれがちですが、私達の肌は肌の水分を守る仕組みをもっています。空気が乾燥しているから肌も乾燥してあれてしてきた、と考えるのも仕方ありませんが、実際そういうものではなく、乾燥するのは肌の内側の問題であり、外気は関係ありません。

赤ちゃんや子供の肌が何もしないのに潤っていますが、老人の肌は乾燥しているのは、このセラミドが多いか少ないか、の違いなんです。

ただ、セラミド不足で肌内部が乾燥している場合、空気が乾燥していると余計に乾燥するということは考えられます。例えていうなら、冷え性の人が寒い時に余計に寒く感じる、ということと同じです。

肌の潤いとは?

肌にとってセラミドが大切なことはわかりましたが、セラミドはいったいどうやってつくられるのしょうか?

基底層で生まれた表皮細胞は約4週間かかって押し上げられ、死んで角質細胞に変わります。これがターンオーバーです。
この4週間の間に、表皮細胞の中ではセラミドなどの脂質がつくられます。細胞が死んで角質細胞に生まれ変わる瞬間、この脂質は細胞外に放出され、細胞のまわりを埋めます。これが、角質細胞間脂質と呼ばれるもので、細胞同士をつなぎ留めて、さらに水分を抱え込みのです。
角質細胞間脂質はいくつもの脂質の混ざり合ったもので、その中の一つがセラミドなのです。

セラミドは肌のの潤いを守る主な脂質で、肌の水分の約80%を保水しています。

肌の水分って、油分でフタしているのでは?

よく、化粧水をたっぷり塗ってそして乳液やオイルでフタをしましょう、という美容方法を耳にすることがあります。
ですので、肌の油分がフタをして内側の水分を保水しているのでは?と思っている人も少なくないと思いますが、実は、そうではなかったのです。角質層の仕組みが解明され、油分が守っているわけではない、ということが最近わかったのです。

肌の水分の約80%がセラミドによって保たれ、残りは、天然保湿因子というものが17~8%、そして残りの2~3%が皮脂と言われています。たった2~3%で全体の水分を守ることはできないでしょう。

肌の水分を守っているのはセラミドなのです。そのセラミドは水分にフタをしているの訳ではなく、セラミドと水分が幾層にも重なりあって、ラメラ構造というミルフィーユのような構造をしています。
角質細胞の間にはセラミドと水分が重なった層が、8つくらいあるそうです。

油分はフタにはならなかったのです。

では、どうやったら潤いはまもられるのか?

補うことは難しいですが、洗い流す時に気をつけてあげればよいのです。

そこで、落としすぎないクレンジングが重要なのです。

お値段のお安いクレインジングオイルなどは、強い界面活性剤を使っているため、肌の大切な潤い成分のセラミドまでも洗い流してしまいます。(なぜお安いクレンジングオイルがよくないのかはこちらで説明しています>>

ですが、質の良い原材料をつかったクレンジング剤であれば、きちんとメイク剤は落としつつ、セラミドを落としすぎず、肌を乾燥から守ることができるのです。

化粧品は角質層にまでしか浸透しないものですので、いくら良いものを与えても表面の乾燥しか防げません。

ですので、本当の意味で肌をいたわりたいのであれば、まずはクレンジングを良いものをつかうことが一番の美肌への近道なのです。

 

▲このページのTOPへ戻る