乳ゼラチンパックは肌に良い?悪い?をお話します

牛乳ゼラチンパックは肌に良い?悪い?

最近ネットでは牛乳ゼラチンパックという毛穴対策が流行っているそうです。

ゼラチンを少量の牛乳で伸ばし、温めて顔に塗って、剥がす。

これだけです。

こちらの動画の表題にもなっていますが、DIY Biore face strips=ビオレ毛穴パックを自作する方法となっています。

ゼラチンはコラーゲンですし、牛乳はなんだか肌によさそうですし、肌に優しい毛穴パックみたいな感じはしますね。

でも、結局は毛穴パックと一緒で、肌をすごく痛めます。

動画を見ましたが、固まるとかなり硬いパックになり、無理やり引っ剥がしている様子でした。

これでは、毛穴の角栓だけでなく、肌に必要な角質や皮脂まで剥がすことになり、 肌のキメも荒れてしまい、さらに毛穴が目立つ結果になります。

また、開いた毛穴がそのままにぽっかりとあいた状態になっていると、新たな汚れが蓄積されやすい状態になり、たくさんの汚れが詰まって、大きな黒ずみ毛穴になってしまうという、負のスパイラルに陥ってしまいます。

牛乳ゼラチンパックをしたいなら

でも、たしかに詰まった毛穴を掃除したいという気持ちはわかります。

牛乳ゼラチンパックは頻繁には決して行わず、1~2ヶ月に1度程度くらいにしておきましょう。

また、使用するなら、鼻の頭や顎の角栓が詰まるところだけにして、動画のように顔全体に使用することはやめておきましょう。

あくまでも、角栓除去が目的です。

そして、牛乳ゼラチンパックを行った後は、毛穴を引き締める効果のあるビタミンC配合の美容液などをたっぷり使って、開いてしまった毛穴を徹底的に引き締めてください。

そして、乳液などで十分保湿をしてあげましょう。

もっとひどいパックがあった・・・

動画をみていると、右側に、牛乳ゼラチンパックと同じようなDIYの毛穴パックのオススメ動画が表示されていて驚愕しました。

DIY Blackhead Remover Peel Off Mask 毛穴の黒ずみをとるマスクを自作するという動画で、これ以外にも同じ方法を紹介する動画がありました。

この動画では、糊(のり)!!と、活性炭のパウダー(墨のサプリメント)を混ぜて塗るだけで、毛穴パックができちゃう!と紹介されていました。

まさか、糊(のり)を顔に、、、、

普通の学校で使う糊ですよ。

これはゼラチンよりもひどいです。

糊(のり)は決して顔にぬるものではありません。

動画をみていると、白い糊でしたので原料はデンプンを使用した糊かもしれませんが、その中には危険な防腐剤や香料がふくまれているはずです。

もし透明の糊であれば、合成樹脂が原料ですので、更に肌に悪そうです。

牛乳ゼラチンパックも毛穴パックも毛穴対策にはなれません。

その時は角栓がとれてすっきりするかもしれませんが、毛穴がそれで小さくなることは、絶対にありません。

私も若い頃に散々毛穴パックをやってきましたが、毛穴パックをやっている時は毛穴は全然小さくなりませんでした。むしろ、だんだんと大きくなっていきました。

毛穴の詰まり、角栓がどうにかしたいのであれば、まずはクレンジングを見直すことです。

落としすぎ、それが過剰な皮脂の分泌を引き起こしているのです。

なぜ落とし過ぎが行けないのかこちらで説明しています>>

毛穴の詰まり、角栓が気になるのであれな、落とし過ぎない良いクレンジング選びが重要です。

オススメのクレンジングは?

私が毛穴が気にならなくなったのは、このクレンジングを使い始めたからです。
落としすぎないクレンジング、おすすめです!

DUOクレンジングの画像

使用歴2年以上!本気の口コミこちら>>

 

▲このページのTOPへ戻る