角栓は油でできてはいない!?

角栓は油でできてはいない!?

若い頃からずっと鼻の角栓に悩んでいて、自分が脂性だから角栓ができているんだと思っていました。

出過ぎた油が固まって角栓になっているのだとばかり思っていました。

たしかに鼻の油は、脂質が主にできていて、油と言って間違いはありませんし、油が過剰に出ているために、角栓ができやすくなっていることも考えられますが、実は角栓は油で出来ているわけではなかったのです。

角栓の70%は古い角質=タンパク質でできるそうなんです。

ですので、ホットタオルやオイルなどで、溶かすことはできないのです。

ましては、最近巷でよく売られている、ホットクレンジングの温感効果で角栓が取れるということはないと思います。

もちろん、ホットクレンジングのクレンジング効果で角栓の表面が洗い落とされるてはいるかもしれませんが、そもそもホットクレンジング系の商品は発熱して暖かくなっている訳ではなく、主成分のグリセリンが水と反応して発熱したようになっているだけで、本当に暖められている訳ではありません。暖かく感じているだけなんですよね。

ですので、ホットクレンジング系温めてもいないし、そもそも温めても角栓は取れないものなので、意味はあまりない、ということになります。

どうすれば角栓は無くせるのか?

まずは毛穴を詰まらせる不要な角質をきれいに取り去ることが重要です。

それには、やはり正しいクレンジングを行うことです。

優しく・かつきっっちりと落とせるDUOクレンジングのようなクレンジング剤で、ささっと時間をかけずにきちんとメイクと古い角質を落としてやること。

クレンジングのやり過ぎもよくありません。
クレンジングをやりすぎると、角質層に傷が月、肌が自分を守るためにどんどん角質を生み出すようになって、余計に角栓ができやすくなってしまうのです。

そして、取り切れない角質は、たまにピーリングや酵素系の洗顔料などを使って落とすと、より効果が出やすくなります。

オイルクレンジングで角栓はポロリととれるの?

よく毛穴の中までごっそりと汚れを取るようなイメージで、クレンジングオイルなどがポロポロと角栓がとれる!という広告をみますが、タンパク質でできている角栓を、オイルが溶かして浮かして取れるということは考えにくいのです。

たまたまマッサージしていて、ポコッととれることはあるでしょうが、オイルで取れるのは表面上の汚れであり、中の方に隠された角栓まで取れるということはないでしょう。

とれるとすれば、手や綿棒、ピンセットなどを使って押し出して取るか、禁断の毛穴パックでとるしかありません。

しかし!!無理やり角栓を取ろうとする行為はその周辺の大切な皮膚を傷つけたり、健康な角栓までも引き剥がしてしまうので、よくありません。

そもそも角栓はいらないものではなく、毛穴の乾燥を防ぐ大切なものなのです。

角栓は表に見えているところは見た目もよくありませんし、空気にふれているので酸化するので、きれいにするべきです。

ですが、中身までごっそりと取る必要はないのです。
肌の健康を守るためにも、角栓を抜く・剥がすことはよくありません。

乾燥を防ぎ、十分な水分があると中に角栓があっても毛穴はきゅっとしまり、毛穴が少なく見えるようになるのです。

そのためには、表面をきれいにしてくれる良いクレンジングで油分を取り去ると同時に、乾燥させないことが重要です。

角栓が気にならなくなるオススメのクレンジングは?

DUOクレンジングの画像

使用歴2年以上!本気の口コミこちら>>

 

▲このページのTOPへ戻る